アレクシオス1世 (トレビゾンド皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクシオス1世コムネノスΑλέξιος Α' Κομνηνός, Alexios I Komnēnos, 1182年 - 1222年)は、トレビゾンド帝国の初代皇帝(在位:1204年 - 1222年)。東ローマ帝国コムネノス王朝最後の皇帝であったアンドロニコス1世コムネノスの長子マヌエル・コムネノスと、グルジア王女ルスダンの長男。

1204年4月、東ローマ帝国の首都コンスタンティノープル第4回十字軍によって落とされる直前、アレクシオス1世はコムネノス王朝の後継王朝としてのトレビゾンド帝国を建国し、その初代皇帝として即位した。

即位後、アレクシオス1世は伯母にあたるグルジアの女王タマルの支援を得て西進を続け、パフラゴニア英語版地方にまで領土を拡大した。その後も黒海南岸にまで領土を拡大するなど、順調に勢力を拡大していたが、これを危険視したニカイア帝国テオドロス1世ラスカリスルーム・セルジューク朝の攻撃を受けるようになる。アレクシオス1世はルーム・セルジューク朝に対抗するためにシノピに進出したが、1214年にルーム・セルジューク朝の逆襲を受けて大敗を喫し、自身も捕虜になってしまった。

しかし、ルーム・セルジューク朝に臣従するという条件で一命は助けられ、後に釈放されて、再び皇帝として復位したのである。しかし、これによってトレビゾンド帝国の威信は地に堕ちてしまったのである。

先代:
-
トレビゾンド帝国皇帝
1204 - 1222
次代:
アンドロニコス1世