アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウ
Princess Alexia
Princess Alexia.jpg
2013年
続柄 ウィレム=アレクサンダー第二子王女
称号 オランダ王女
オラニエ=ナッサウ公女
全名 アレクシア・ユリアナ・マルセラ・ローレンティン
敬称 殿下(Koninklijke Hoogheid)
出生 2005年6月26日(9歳)
オランダの旗 オランダデン・ハーグ
父親 ウィレム=アレクサンダー
母親 マクシマ・ソレギエタ
テンプレートを表示
オランダ王室
Royal coat of arms of the Netherlands.svg


アレクシア・ファン・オラニエ=ナッサウ(Alexia van Oranje-Nassau, 2005年6月26日 - )は、オランダの王族。全名はアレクシア・ユリアナ・マルセラ・ローレンティンAlexia Juliana Marcela Laurentien)。オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの次女。

2005年6月26日14時41分、ヴィレム・アレクサンダーとその妃であるマクシマ・ソレギエタの間に第2子としてハーグで生まれた。出生時の身長は50cmで、体重は3440gであった。洗礼2005年11月19日にハーグで行なわれ、ブラバント公爵妃マティルド、Jonkvrouwe Alexandra Jankovich de Jeszenice、オランダ王子ヨハン・フリーゾ、Juan Zorreguieta and Jonkheer Frans Ferdinand de Beaufortが代父母となった。洗礼名の「アレクシア」は父ヴィレム=アレクサンダーに、「ユリアナ」は曾祖母のユリアナに、「マルセラ」は母のおばで代母のMarcela Cerrutiに、「ローレンティン」は義叔母のローレンティン・ブリンクホルストにそれぞれちなむ。

2002年1月25日に出された勅令により、アレクシアはオランダ王女Prinses der Nederlanden)およびオラニエ=ナッサウ公女(prinses van Oranje-Nassau)の称号と殿下(Koninklijke Hoogheid)の敬称を持つ。2013年現在、姉カタリナ=アマリアに次いでオランダ王位継承権第2位。

外部リンク[編集]

上位:
カタリナ=アマリア王女
オランダ王位継承権者
継承順位第 2
下位:
アリアーネ王女
上位:
カタリナ=アマリア王女
オランダ王女
イギリス王位継承順位
継承順位第 814
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
アリアーネ王女
オランダ王女