アレクサンドル=ガブリエル・ドゥカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Alexandre Gabriel Decamps
アレクサンドル=ガブリエル・ドゥカンの自画像(1852年)
生誕 1803年3月3日
パリ
死去 1860年8月22日(57歳)
フォンテーヌブロー
国籍 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

アレクサンドル=ガブリエル・ドゥカンアレクサンドル=ガブリエル・ドカンAlexandre-Gabriel Decamps, 1803年3月3日 - 1860年8月22日)は、フランス画家

生涯[編集]

ドゥカンはパリで生まれた。青年時代に北アフリカやトルコなどを旅し、東方の生活や情景を大胆な正確さで描いた作品で十九世紀フランスで広い人気を得ているが、その一方で当初、その作品は慣習的な批評家たちを困惑させた。しかしすぐに、ドゥカンの力は認められ、ドラクロワオラース・ヴェルネHorace Vernet)と並び称された。十九世紀初期の重要なオリエンタリストの一人である。1855年パリ万国博覧会では最高賞を受賞した。ドゥカンはその生涯のほとんどをパリ近郊で過ごした。動物、とくに犬が好きで、ありとあらゆる屋外スポーツを楽しんだ。1860年フォンテーヌブローで狩りをしていた最中に落馬して亡くなった。

画風[編集]

『トルコのパトロール』(1831年)

ドゥカンのスタイルは、生々しく劇的な着想、大胆で荒々しい筆使い、光と影の驚くべき対比など、特徴として極度にフランス的である。そのテーマは驚くほど幅広く、聖書の場面を描くのに東洋旅行の体験を利用した。おそらくドゥカンはその地方を、想像でなく、ありのままに描いたヨーロッパ最初の画家かも知れない。具体的に、『仲間に売られるヨセフ』(1835年)、『川から救われるモーゼ』(1837年)、サムソンの生涯を描いた炭とホワイトで描いた9枚の素描がそうである。

ドゥカンの歴史画の中で最も印象的なのは、蛮族の大軍と統制の取れた軍隊との戦争を描いた『キンブリ族(Cimbri)の敗北』(1833年)である。

ドゥカンは風俗画、主にフランスとアルジェリアの家庭の暮らしを多数描いていて、ユーモアが特徴的である。それは多数の動物画も同じで、とくにドゥカンは猿を描くのが好きで、『鑑定家』(1839年)はドゥカンの初期の絵を基準から逸脱しているとして拒絶した審査員たちを風刺したものである。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 

  • Adolphe Moreau, Decamps et son oeuvre (Paris, 1869)

外部リンク[編集]