アレクサンドル・メリク=パシャーエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・シャミーリエヴィチ・
メリク=パシャーエフ
アルメニアで2006年に発行された切手
アルメニアで2006年に発行された切手
基本情報
出生名 Ալեքսանդր Մելիք-Փաշայան
Александр Шамильевич Мелик-Пашаев(Мелик-Пашаян)
出生 1905年10月23日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ティフリス
学歴 トビリシ音楽院、レニングラード音楽院
死没 1964年6月18日(満58歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
ジャンル クラシック
職業 指揮者作曲家ピアニスト、音楽教師

{{{Influences}}}

アレクサンドル・シャミーリエヴィチ・メリク=パシャーエフロシア語: Александр Шамильевич Мелик-Пашаевアルメニア語: Ալեքսանդր Մելիք-ՓաշայանAlexander Shamil'evich Melik-Pashayev1905年10月23日ユリウス暦10月10日) - 1964年6月18日)は、ソビエト連邦指揮者作曲家ソ連人民芸術家1951年授与)。アルメニア系ロシア人で、元来の姓はメリク=パシャーヤン(Мелик-Пашаян)。

概要[編集]

グルジアのティフリス(トビリシ)に生まれる。トビリシ音楽院でニコライ・チェレプニンに学ぶ。その後、レニングラード音楽院アレクサンドル・ガウクに指揮法を、ウラディーミル・シチェルバチョフに作曲を師事し、1930年に卒業した。 1923年から1931年までトビリシ歌劇場の指揮者を務める。1931年よりボリショイ劇場の指揮者陣に加わり、1953年から1963年の間、音楽監督を務める。在任中、ボリショイ・オペラの国外公演を何度か成功させている。また、1933年から1934年にかけては、モスクワ音楽院附属オペラ劇場の音楽監督を務め、1938年に開催された全ソ指揮者コンクールでは2位に入賞している(優勝はエフゲニー・ムラヴィンスキー)。1942年チャイコフスキーのオペラ『チェレヴィチキ』、翌1943年ロッシーニのオペラ『ウィリアム・テル』の上演によりスターリン賞第1席を受賞している。

作曲家としては、レールモントフの原作に基づくオペラ『ペチョーリン』、シェイクスピア原作の『十二夜』、交響曲ハ短調、プーシキンエレンブルグの詩につけた歌曲などがある。 1964年、モスクワで死去し、ノヴォデヴィチ墓地に埋葬された。

主な録音[編集]

ここにあげた録音は全てボリショイ劇場管弦楽団・合唱団を指揮したソ連録音(メロディア)[1]

脚注[編集]

  1. ^ 録音年は資料により異なる
  2. ^ 他にも全曲録音がある。

参考文献[編集]

先代:
ニコライ・ゴロワノフ
モスクワ・ボリショイ劇場 音楽監督
1953年–1963年
次代:
エフゲニー・スヴェトラーノフ