アレクサンドル・マリノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AlexanderMalinov.jpg

アレクサンドル・マリノフ(Александър Малинов、1867年4月21日 - 1938年3月20日)は、ブルガリアの政治家。3度首相(1908年1月29日 - 1911年3月29日、1918年6月21日 - 1918年11月28日、1931年6月29日 - 1931年10月12日)を務めた。

ベルグラード市近郊のパンダクリヤ(現ウクライナ、オデッサ州)の商人の家庭に生まれる。法学者。キエフの大学卒業後、ブルガリアに出国し、裁判官、検事、弁護士として働く。1899年から民主党の国会議員となり、1902年から同党党首。1908年~1911年、民主党政権を率い、トルコからの完全な独立を宣言し、国王に秘密協定の締結権を賦与する1879年のトゥイルノフ憲法の修正案を準備した。

1918年6月~10月、連立政権の首相となり、同年のヴラダイ蜂起を鎮圧した。1918年10月~11月、第2次連立政権の首相。1923年6月9日のクーデター後、民主党会派の指導者となり、与党には加わず野党に回ったが、クーデター政権を支持した。

1931年春、ブルジョア・小ブルジョア党を率いる。1931年6月21日の議会選挙勝利後、連立政権の首相。1931年~1934年、国会議長。


先代:
ピョートル・トドロフ・グデフ
ブルガリア閣議会議長
1908年 - 1911年
次代:
イワン・エフストラティエフ・ゲショフ
先代:
ヴァシル・ラドスラホフ
ブルガリア閣議会議長
1918年6月 - 11月
次代:
テオドル・テオドロフ
先代:
アンドレイ・リャプチェフ
ブルガリア閣議会議長
1931年6月 - 10月
次代:
ニコラ・ムシャノフ