アレクサンドル・ブロークの詩による7つの歌曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・ブロークの詩による7つの歌曲(Семь стихотворений Александр Блока)作品127は、ドミトリー・ショスタコーヴィチが作曲した歌曲集。ロシア詩人アレクサンドル・ブロークの詩からとられている。

概要[編集]

ショスタコーヴィチはこの作品を最初、ソプラノ歌手ガリーナ・ヴィシネフスカヤとその夫のチェロ奏者ムスティスラフ・ロストロポーヴィチのために書こうとした。1966年5月の深刻な心臓発作から回復する中で作品を着手し、翌1967年2月3日に完成した。同年10月28日にモスクワ音楽院小ホールで行なわれ、ヴィシネフスカヤのソプラノ、ダヴィッド・オイストラフヴァイオリン、ロストロポーヴィチのチェロ、スヴャトスラフ・リヒテルピアノで行なわれた。なお、ショスタコーヴィチは自らピアノ・パートを弾きたがったが、病気のために叶わなかった。また、ミェチスワフ・ヴァインベルクも参加していたという。作品はヴィシネフスカヤに献呈されている。

アレクサンドル・ブロークはロシア象徴主義の代表的な詩人であるが、ショスタコーヴィチが生涯を通じて愛読した詩人の一人である。この作品の原題は「ソプラノ、ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための声楽・器楽組曲」(Вокально-инстрментальная сюита)という副題がついている。ショスタコーヴィチが歌曲集に組曲と名付けたのはこの作品が初めてである。以後「マリーナ・ツヴェタエワの詩による6つの歌曲」作品143や「ミケランジェロの詩による組曲」作品145にも同様の命名がなされており、晩年のショスタコーヴィチの歌曲を特徴づけている。また、この作品は同時期の交響曲第13番第14番、作品140以降の歌曲とは異なり、伴奏に室内楽編成が用いられていることも注目される。

編成は珍しくピアノ三重奏であるが、ピアノ三重奏による伴奏とは言いながらも、伝統的なピアノ三重奏曲とは全く異なり、最初の3曲の歌は各楽器の独奏(1.チェロ、2.ピアノ、3.ヴァイオリン)、次の3曲は二重奏(4.ピアノと一貫して重音奏法のチェロ、5.ピアノとヴァイオリン、6.ヴァイオリンとチェロ)、そして最後の7番目の歌だけが三重奏による伴奏となっている。

ヴィシネフスカヤはリハーサルに関して、「ショスタコーヴィチの前では、誰もが怯えてしまったのである。ショスタコーヴィチの「A.ブローグによる7つの歌曲」を彼のために演奏したとき、ヴァイオリンを伴奏した偉大な芸術家ダヴィッド・オイストラフの手は神経過敏から震えていた。」と回想している。

構成[編集]

7つの歌曲で構成されている。演奏時間は約25分。

  • 第1曲 オフィーリアの歌(Песня Офелии)
  • 第2曲 予言の鳥ガマユーン(Гамаюн, птица вещая)
  • 第3曲 私たちは一緒だった(Мы были вместе...)
  • 第4曲 街は眠っている(Город спит)
  • 第5曲 嵐(暴風雨)(Буря)
  • 第6曲 秘密のしるし(Тайные знаки)
  • 第7曲 音楽(Музыка)