アレクサンドル・ブルイギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・ブルイギン

アレクサンドル・グリゴリエヴィチ・ブルイギンAlexander Grigoryevich Bulygin:Алекса́ндр Григо́рьевич Булы́гин 、1851年8月6日 - 1919年9月5日)は、帝政ロシア政治家ニコライ2世の時代に内務大臣を務めた。

1905年1月20日、相次ぐ農村暴動やストライキの責任を取り辞任したピョートル・スヴャトポルク=ミルスキー公爵の後任として内務大臣に任命される。 ブルイギンの業績として最も注目されるのが、俗に「ブルイギン憲法」ないし「ブルイギン宣言」と呼ばれる1905年8月に発布された勅令である。宣言の内容は「ツァーリを輔弼する」ための諮問機関としての議会の創設、信教の自由、ポーランド人に対するポーランド語の使用許可、農民の弁済額の減額を認めるというものであった。しかし、国民は議会の権限の小ささと、選挙権に制限が加えられていることに幻滅し、騒乱は更に激化した。10月にはゼネストが起きる事態にまで発展したため、10月17日内相の職から去らざるを得なかった。

ロシア革命後の1919年チェーカーにより逮捕され、銃殺された。

先代:
スヴャトポルク=ミルスキー
ロシア帝国内務大臣
1905年2月-1905年10月17日
次代:
ピョートル・ドゥルノヴォ