アレクサンドル・フェルスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・フェルスマン
Alexander Fersman
人物情報
生誕 1883年11月8日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
死没 1945年5月20日(満61歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ソチ
出身校 モスクワ大学
学問
研究分野 地球化学鉱物学
研究機関 モスクワ大学フェルスマン鉱物博物館
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1943年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アレクサンドル・フェルスマン(Alexander Yevgenyevich Fersman、ロシア語: Александр Евгеньевич Ферсман1883年10月27日N.S. 11月8日) - 1945年5月20日)はソビエト連邦地球化学者鉱物学者である。

サンクトペテルブルクに生まれた。ノヴォロシースクの大学からモスクワ大学に移り地質学を学んだ。ウラジミール・ベルナドスキーのもとで最初の論文を発表した。ドイツに留学し、ヴィクトール・モーリッツ・ゴルトシュミットのもとで学んだ。

1912年にモスクワ大学の教授となり、地球化学の教課を設けた。1917年から1945年まで後にフェルスマン鉱物博物館と改名される鉱物博物館の館長を務めた。

『石の思い出』など一般向けの著書もある。

授賞歴[編集]

著書[編集]

  • ア・フェルスマン編 『科学とその創造者』 馬上義太郎訳、五月書房1951年
  • フェルスマン 『石の思いで』 堀秀道訳、理論社〈科学の仲間〉、1956年
  • A.E.フェルスマン 『おもしろ地球の化学 上・下』 地学団体研究会訳、理論社、1957年
  • A.E.フェルスマン 『おもしろい鉱物学 : 石に親しむ基礎知識』 堀秀道訳、理論社〈少年科学文庫〉、1967年
  • A.E.フェルスマン 『おもしろい地球化学 上』 地学団体研究会ほん訳委員会訳、理論社〈少年科学文庫〉、1968年
  • A.E.フェルスマン 『おもしろい地球化学 下』 地学団体研究会ほん訳委員会訳、理論社〈少年科学文庫〉、1968年
  • A.E.フェルスマン 『石の思い出』 堀秀道訳、草思社2005年(原著1958年)。ISBN 4-7942-1414-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]