アレクサンドル・ドレンテルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・ドレンテルン

アレクサンドル・ロマノヴィチ・ドレンテルンロシア語: Александр Романович ДрентельнAlexander Romanovich Drenteln1820年3月7日 - 1888年7月27日)は、帝政ロシア軍人政治家。階級は陸軍歩兵大将。

当時のキエフ県出身。皇帝の副官を務めた後、ニコライ・メゼンツォフの暗殺を受けて1878年から1880年まで憲兵隊司令官兼皇帝官房第三部長官を務めた。1879年3月25日にはニヒリストの暗殺者により襲撃されるが一命を取り留めている。翌1880年にはミハイル・ロリス=メリコフにより皇帝官房第三部自体が廃止されるに至った。1888年キエフで死去。

息子のアレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ドレンテルン(1868年 - 1925年)も軍人となり、皇帝の副官となった[1]

先代:
ニコライ・メゼンツォフ
皇帝官房第三部長官
1878年 - 1880年
次代:
廃止