アレクサンドル・ダルゴムイシスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・ダルゴムイシスキー

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ダルゴムイシスキー(またはダルゴムィシスキーダルゴムイジスキーとも;ロシア語: Алекса́ндр Серге́евич Даргомы́жский1813年2月14日 - 1869年1月17日ロシアオペラ作曲家。音楽史的にはグリンカと「ロシア五人組」やチャイコフスキーの間を橋渡しした人物である。ほかに、歌曲ピアノ曲をふんだんに作曲したほか、多少の管弦楽曲もある。ロシア語での発音では、アリクサーンドル・ダルガムィーシュスキイのようになる。

人物略歴[編集]

名門貴族の家に生まれ[1]サンクトペテルブルクで教育を受ける。早くから才能あるアマチュアとして名声を博し、当初はサロン音楽の分野で有名であったが[1]1833年、ミハイル・グリンカに出会い、作曲に打ち込むよう激励を受けた[注釈 1]。ダルゴムイシスキーは、ロシア的な音楽の創造をめざすグリンカの影響で、意識的にロシア語イントネーションを音楽化する方法を研究し、その成果はかれの作曲した歌劇・オペラ作品に活かされた[1]

1839年ヴィクトル・ユゴーの小説『ノートルダムのせむし男』に基づく歌劇エスメラルダ》を作曲した。彼の代表作となる歌劇《ルサルカ》は1856年に上演された。ここでは、ロシア語を音楽化するという研究が実を結んでいる[1]。しかし、1860年代まで国内外でなかなか成功しなかったといわれる。ただベルギーでは、彼の作品の評判は好意的なものであった。1860年代に作曲家として認知されると、いわゆる「ロシア五人組」の長老的存在となった。代表作となった最後の歌劇《石の客》は、レチタティーヴォ風ないしはデクラメーション風の旋律形成によって、ムソルグスキードビュッシーの先駆となっている。第1幕の幕切れとオーケストレーションが未完成のまま遺されたため、キュイリムスキー=コルサコフの手により補完された。《石の客》は1872年に初演され、オペラ表現に進歩的な姿勢を示すものとして、五人組から大いに激賞されたものの、未完のためもあって、こんにちオペラの標準的なレパートリーとして演奏されることはほとんどないのが実情である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ グリンカはイタリアドイツで音楽を積極的に学ぶいっぽう、そのなかでロシア人音楽家を自覚するようになり、帰国してロシア的な作品の数々を発表し、後代に大きな影響をあたえた。森田(1996)p.130

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 森田稔 「ロシア音楽史」『ガイドブック音楽と美術の旅 ロシア』 海老沢敏稲生永監修、音楽の友社1996年ISBN 4-276-21309-6
  • Richard Taruskin, Opera and Drama in Russia As Preached and Practiced in the 1860s. New ed. Rochester: University of Rochester Press, 1993.

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 

外部リンク[編集]