アレクサンドル・ショーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドル・ショーマス(Alexandre Schaumasse、1882年1958年)はフランスの天文学者である。

17歳からパリ天文台でエルヴェ・フェイの助手を務め、小天体の観測をおこなった。1905年からシャルル・ノルマン(Charles Nordmann)のもとで気象観測を行った。1910年にミシェル・ジャコビニの後をついでニース天文台の観測者となった。1911年12月、周期彗星ショーマス彗星(24P/Schaumasse)を発見したほか、C/1913 J1 と C/1917 H1の2つの彗星を発見した。

(971) アルザシアと(1114) ロレーヌの2つの小惑星を発見し、(1797) ショーマスに命名された。

外部リンク[編集]