アレクサンドル・ガウク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサーンドル・ワシーリエヴィチ・ガーウクロシア語: Алекса́ндр Васи́льевич Га́ук / Aleksandr Vassilievich Gauk, 1893年8月15日 オデッサ - 1963年3月30日 モスクワ)は、ウクライナ出身のソ連邦指揮者作曲家エフゲニー・ムラヴィンスキーアレクサンドル・メリク=パシャーエフ、コンスタンチン・シメオノフ、エドゥアルド・グリクロフ、ニコライ・ラビノヴィチエフゲニー・スヴェトラーノフ、ゲンナジー・プロヴァトロフらとともに、戦後のソ連楽壇において指導的役割を果たした。チャイコフスキームソルグスキー管弦楽曲を得意としたが、アレンスキープロコフィエフハチャトゥリアンショスタコーヴィチなどの作品も演奏・録音した。厖大な数の録音を遺したにもかかわらず、現在のところ入手できる音源は限られている。

略歴[編集]

本人の回想によると最初の音楽体験は、軍楽隊や、母親がピアノで伴奏しながら歌っているのを聞いたことであるという。7歳でピアノを始める。17歳でペテルブルク音楽院に進学し、アレクサンドル・グラズノフワシーリー・カラファーティヤーセプス・ヴィートリスニコライ・チェレプニンならびにフェリックス・ブルーメンフェリトに師事した。在学中に教師に連れられ、クロード・ドビュッシーリヒャルト・シュトラウスアルトゥール・ニキシュが指揮する様子を見学したという[1]1912年に学生オーケストラを指揮して初めて指揮を経験し、1917年10月1日ペトログラード音楽演劇劇場において、ピョートル・チャイコフスキーの歌劇《チェレヴィチキ》の公演により、職業指揮者として初舞台を踏んだ。1920年代は大半をマリインスキー劇場バレエ団の指揮者として過ごし、バレリーナのエレーナ・ゲルトと結婚した[1]

1930年から1934年までレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者を務め、その間1931年11月6日に、同楽団を指揮して、ショスタコーヴィチの《交響曲第3番「メーデー」》作品20を初演した。1932年よりモスクワで活動し、1936年から1941年まで、新設された放送管弦楽団(後のソヴィエト国立交響楽団)の首席指揮者に迎えられた。1941年から1943年までの2年間は、トビリシ音楽院で教鞭を執り、グルジア国立交響楽団を再生させた[1]1943年モスクワ音楽院の資料室において、ラフマニノフの《交響曲第1番ニ短調》のパート譜を発見し、散逸した総譜を再構成することに成功した。1953年から1961年までモスクワ放送交響楽団音楽監督に就任している。1958年来日。

作曲も手懸け、交響曲室内楽曲ピアノ曲を遺した。未完に終わったが、自叙伝も執筆していた[1]

註釈[編集]

  1. ^ a b c d Tassie G. Papa Gauk – the father of Russian conductors. Classic Record Collector, Winter 2008, 43-49.

外部リンク[編集]

音源[編集]

先代:
ニコライ・マルコ
レニングラード・フィルハーモニー
交響楽団首席指揮者

1930–1934
次代:
フリッツ・シュティードリー
先代:
-
ソヴィエト国立交響楽団音楽監督
1936–1941
次代:
ナタン・ラフリン
先代:
ニコライ・ゴロワノフ
モスクワ放送交響楽団 音楽監督
1953–1961
次代:
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー