アレクサンドル・アルチュニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・アルチュニアン
Alexander Grigorevich Arutiunian
Arut.jpg
基本情報
出生 1920年9月23日
アルメニアの旗 アルメニアエレバン
死没 2012年3月28日(満91歳没)
職業 作曲家ピアニスト

アレクサンドル・アルチュニアンアルメニア文字:Ալեքսանդր Հարությունյան, キリル文字:Алекса́ндр Григо́рьевич Арутюня́н, ラテン文字:Alexander Grigorevich Arutiunian1920年9月23日 - 2012年3月28日)は、アルメニア作曲家ピアニスト

人物[編集]

エレバン出身。幼時よりピアノを習い、1934年エレバン音楽院に入学した。1941年独ソ戦開始で学業を中断したが、1944年モスクワ音楽院に入学し、1946年に卒業。翌年にアルメニアに戻り、1948年に作曲したカンタータ「祖国」で、ソビエト連邦国家賞を受賞した。1954年からエレバン音楽院で作曲を教えるようになり、1977年に教授となった。

アルチュニアンはアルメニアの民俗音楽を取り入れた作品を書き続け、内外で評価を受けた。特に、1950年トランペット協奏曲をはじめ、テューバ協奏曲、金管五重奏曲「アルメニアの風景」などを始めとするアルチュニアンの管楽器のための作品は国際的なレパートリーを確保し、またロシア国営テレビ交響楽団のために1957年に書かれた交響曲ヴァレリー・ゲルギエフによって取り上げられた。

1987年ペレストロイカ期からはヴァイオリン協奏曲「アルメニア88」のような大規模作品を再び発表するようになっていた。

2012年3月28日、永眠[1]。91歳没。

脚註[編集]

外部リンク[編集]