アレクサンドラ・フォン・バイエルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン王女アレクサンドラ、ヨーゼフ・カール・シュティーラー画、ニンフェンブルク宮殿の「美人画廊」に飾られた肖像画の一つ

アレクサンドラ・アマーリエ・フォン・バイエルンAlexandra Amalie Prinzessin von Bayern, 1826年8月26日 ヨハンニスブルク宮殿アシャッフェンブルク - 1875年9月21日 ニンフェンブルク宮殿ミュンヘン)は、ドイツのバイエルンの王族で、作家、翻訳家。バイエルン王女(Prinzessin von Bayern)。

生涯[編集]

バイエルン王ルートヴィヒ1世とその妃でザクセン=ヒルトブルクハウゼン公(のちザクセン=アルテンブルク公)フリードリヒの娘であるテレーゼの間の第8子、五女として生まれた。ヨーゼフ・カール・シュティーラーの制作したアレクサンドラの肖像画は1845年、父王がニンフェンブルク宮殿に設けた「美人画廊」に飾られた。

アレクサンドラは生涯独身を通し、ミュンヘンの聖アンナ貴婦人会修道院(Damenstiftskirche St. Anna )の修道院長の地位を与えられた。1850年頃、ナポレオン1世の甥ルイ・リュシアン・ボナパルトがバイエルン王家に対し、アレクサンドラとの結婚を打診したことがあったが、ルートヴィヒ1世はアレクサンドラの虚弱体質を理由に断っている。アレクサンドラは小説を執筆・出版したり、フランス語の児童書をドイツ語に翻訳することに熱意を傾けた。

アレクサンドラは精神的な問題による様々な奇行でも知られる。彼女は強迫性人格障害(Obsessive–compulsive personality disorder)に由来するらしい異常な潔癖のため、白い服しか着なかった。また、20代の頃から、「子供の頃にガラスで作られたグランドピアノを飲み込み、今も体内にはガラスのピアノがある」という妄想に取り憑かれた。アレクサンドラのこうした逸話は、同じく精神面に問題を抱えていた甥のルートヴィヒ2世およびオットーの国王兄弟と結び付けて語られることもある。

1875年にニンフェンブルク宮殿において49歳で亡くなり、ミュンヘンのテアティナー教会Theatinerkirche)にあるバイエルン王家の霊廟に葬られた。

著作[編集]

  • Feldblumen (1856)
  • Weihnachtsrosen (1858)
  • Phantasie- und Lebensbilder (1858)
  • Kleine historische Erzählungen (1862)