アレクサンダー・ヴァンデグリフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンダー・ヴァンデグリフト
Alexander Archer Vandegrift
AAVandegrift.jpg
生誕 1887年3月13日
バージニア州 シャーロッツビル
死没 1973年5月8日(満86歳没)
メリーランド州 ベセスダ
所属組織 USMC logo.svgアメリカ海兵隊
軍歴 1909 - 1949
最終階級 US-O10 insignia.svg 海兵隊大将
テンプレートを表示

アレクサンダー・アーチャー・ヴァンデグリフトAlexander Archer Vandegrift1887年3月13日 - 1973年5月8日)は、アメリカ合衆国軍人海兵隊大将

彼はガダルカナルの戦いにおいて第1海兵師団を指揮し、その功績で名誉勲章を受章した。

その後第18代海兵隊総司令官を務め、現役勤務中に大将に昇進した初の海兵隊将官であった。

容貌は身長172センチ。中肉中背で端正な顔立ちをしていた。髪の毛は少なく、青い目をしていた。力強い顎の先は二つに分かれていて、顎全体は両ほほの肉によって柔和されていた。言葉にヴァージニアなまりがあった。

生い立ち[編集]

ヴァンデグリフトは1887年3月13日にバージニア州シャーロッツヴィルに生まれる。彼の先祖はオランダ系移民で18世紀に移住した。祖父が南北戦争で活躍したことを子供のころから良く聞かされていて、彼はバージニア大学を3年で中退した後、ワシントンにあるスワベリー予備役に入り、やがて海兵隊の入隊試験に合格、1909年1月22日に海兵隊少尉として任官した。

バナナ戦争[編集]

1920 - 30年代[編集]

第二次世界大戦[編集]

准将になっていたヴァンデグリフトは、アメリカが第二次世界大戦に参戦する直前の1941年11月に第一海兵師団に配属された。1942年3月には少将に昇進し、5月には初めて外征する第一海兵師団の師団長として南太平洋に向けて出航した。同年8月7日は、第一海兵師団を率いてソロモン諸島のガダルカナルに上陸した。これは大戦において日本に対する初めての大規模な地上からの反撃であった。1943年7月には第一海兵軍団の司令官となり、エンプレス・オーガスタ湾、ブーゲンビル島、ソロモン諸島北部などへの上陸作戦を指揮した。上陸が成功すると、海兵隊の総司令官となるためにワシントンに呼び戻された。

名誉勲章受章時の大統領感状[編集]

ガダルカナルの戦いでの功績による名誉勲章受章時における大統領感状の直訳は、次のようなものであった。

1942年8月7日から12月9日にかけて、ソロモン諸島の敵日本軍部隊に対する作戦において第1海兵師団の司令官としての義務の要求を越えて傑出し、そして英雄的な業績による。

天候、地形そして疫病と彼の任務を難しく冒険的な事業にする悪条件の中、彼の指揮する海、陸そして陸軍航空隊、海軍そして海兵隊を含むアメリカ軍部隊最初の上陸波と次の任務はヴァンデグリフト少将の指揮によって著しい成功を収めた。

彼の不屈、勇気そして機知に富んでいたことは、強く断固とし、そして経験豊富な敵に勝り、そして彼の部下を鼓舞する指揮の下にある部下の勇敢な闘争心により、彼らは空、陸そして海の攻撃に耐えることを可能にし、そして敵を混乱させ、破壊した。

この危険だが、極めて重要な作戦において、彼の生命の絶え間ない危険によって達成し、敵に対する我が方の部隊の更なる作戦とその首尾良い完了のために価値のある機知を確保することを可能とし、大きな名誉をヴァンデグリフト少将と彼の部隊そして合衆国海軍にもたらした。

フランクリン・D・ルーズベルト

海兵隊総司令官[編集]

批判[編集]

略歴[編集]

1927年 中国の内戦から米国民保護のため、上海に派遣

1933年 帰国。ヴァージニア州クアンチコにある海兵隊学校で上陸作戦のマニュアルの作成作業に参画

1935年 再び中国へ。北京在住の海兵連隊長(海兵大佐)に就く

1937年 海兵隊司令官トーマス・ホルコム海兵少将の参謀となる

1942年3月 第一海兵師団長に就く。同年8月7日、海兵隊1万1千名を伴ってガダルカナル島に上陸。それから5ヶ月間、同島を巡って日本軍との死闘が続けられた。同年12月、後続の部隊と交替し、同島を離れ、メルボルン

1943年11月 ブーゲンビル島上陸作戦後、ワシントンに帰る。そこで18代海兵隊総司令官に就任する。在任中の1945年には大将に昇進し、 彼以降海兵隊総司令官は大将の指定職となっている。

外部リンク[編集]


先代:
トーマス・ホルコム
アメリカ海兵隊総司令官
第18代:1943 - 1947
次代:
クリフトン・B・ケイツ