アレクサンダー・フォン・メンスドルフ=プイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メンスドルフ=プイリー伯爵およびディートリヒシュタイン・ツー・ニコルスブルク侯爵アレクサンダー、フリードリヒ・フォン・アマーリング
アレクサンダー・フォン・メンスドルフ=プイリー、ヨーゼフ・クリーフーバー画、1854年

アレクサンダー・フォン・メンスドルフ=プイリー(プイイ)=ディートリヒシュタインAlexander Graf von Mensdorff-Pouilly, Fürst Dietrichstein zu Nikolsburg, 1813年8月4日 コーブルク - 1871年2月14日 プラハ)は、オーストリア帝国の軍人、政治家。帝国宰相および外相を務めた。

生涯[編集]

オーストリア軍陸軍中将のエマヌエル・フォン・メンスドルフ=プイリー伯爵(Emmanuel von Mensdorff-Pouilly)と、ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公女ゾフィーSophie von Sachsen-Coburg-Saalfeld)の間の四男として生まれた。

父方の家族はロレーヌ地方のプイイ=シュル=ムーズ(Pouilly-sur-Meuse)に領地を有するプイイ男爵家の出だが、フランス革命が勃発してドイツに亡命すると、メンスドルフの姓を名乗り、1818年に伯爵となった。母方の祖父はザクセン=コーブルク=ザールフェルト公フランツであり、ベルギー王レオポルド1世の甥、イギリスヴィクトリア女王とその夫君アルバート王子、ポルトガル王(王配)フェルナンド2世の従兄にあたる。

1829年にオーストリア軍に入隊、1836年に大尉、1844年に少佐に昇進、1848年から1849年にかけイタリアおよびハンガリーでの革命騒乱の鎮圧で戦功を立て、1849年に大佐、1850年に少将となった。

1851年にはオーストリア政府の特別委員としてシュレースヴィヒ=ホルシュタインに派遣され、1852年にサンクトペテルブルク駐在のオーストリア公使となった。1853年に公使を退いた後、1年間イギリスに滞在した。その翌年には第7軍団所属の旅団長となり、1858年には中将となった。その後ガリツィアの総督に就任し、1863年の1月蜂起に際しては反乱の鎮圧に精力を傾けた。

1864年10月にヨハン・ベルンハルト・フォン・レヒベルク伯爵(Johann Bernhard von Rechberg)の後任として外務大臣に就任、翌1865年の6月から7月にかけて1カ月のあいだ宰相を兼任した。メンスドルフ=プイリーは典型的な「皇帝の忠実な下僕(„treugehorsame Diener seines Kaisers“)」であり、1866年の第2次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争には後任の宰相リヒャルト・ベルクレディ伯爵(Richard Belcredi)と一緒になって憲法を一時的に停止させた。1866年11月に外相を辞任した。その後、アグラム(現在のクロアチアザグレブ)駐屯軍の軍団長となり、さらにプラハ駐在の軍団長に転任した。

オーストリアの由緒ある貴族家門の一つ、ディートリヒシュタイン侯爵家(Dietrichstein)の跡取り娘アリーネ(Alexandrine "Aline" von Dietrichstein)と結婚し、1869年に義父が亡くなると、皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の特旨によりディートリヒシュタイン・ツー・ニコルスブルク侯爵位を相続した。次男のアルベルト・フォン・メンスドルフ=プイリー=ディートリヒシュタイン伯爵(Albert von Mensdorff-Pouilly-Dietrichstein)は外交官となり、第1次世界大戦の戦前および戦中には国際的に重要な役割を果たした。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ライナー・フォン・エスターライヒ
オーストリアの首相
1865年
次代:
リヒャルト・ベルクレディ