アレクサンダー・ファン・オラニエ=ナッサウ (1851-1884)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オラニエ公アレクサンダー

アレクサンダー・ファン・オラニエ=ナッサウ(Alexander van Oranje-Nassau, 1851年8月25日 - 1884年6月21日)は、オランダの王族。全名はウィレム・アレクサンダー・カレル・ヘンドリック・フレデリックWillem Alexander Karel Hendrik Frederik)。ウィレム3世の三男。長兄ウィレムの死によってオラニエ公(王太子)となったが、父よりも先に没したため王位に即くことはなかった。

アレクサンダーは1851年8月25日、ウィレム3世とその妃であったヴュルテンベルクヴィルヘルム1世の王女ゾフィーの間に第三子としてハーグで生まれた。1871年から1874年までライデン大学で学び、以後はかつてヨハン・デ・ウィットが暮らしていたハーグのKneuterdijk宮殿に住んだ。

1879年に兄のオラニエ公ウィレムが没すると、王太子としてオラニエ公に叙された。

アレクサンダーは1884年6月21日腸チフスのため死去した。彼は未婚であり、子供はいなかった。外国滞在中であったウィレム3世は7月15日に帰国し、アレクサンダーの遺体は7月17日デルフト新教会に葬られた。彼の死によって王家から男子が不在となったため、オランダ王位の推定相続人はウィレム3世と後妻エンマとの間に生まれた王女ウィルヘルミナとなった。

ロッテルダムにあるポルダーPrins Alexanderpolderや、ロッテルダム北東部の地区Prins Alexanderはいずれもアレクサンダーの名前にちなんでいる。