アレキサンダー・シュライハー ASK 23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュライハー ASK 23

アレキサンダー・シュライハー ASK 23は、アレキサンダー・シュライハー社が製造する繊維強化プラスチック(GFRP)製の中翼配置、T字型尾翼のクラブクラス単座グライダーである。

ルドルフ・カイザー(en:Rudolf Kaiser)が最後に設計したグライダーである。

概要[編集]

ASK 23はアレキサンダー・シュライハー社が製造する繊維強化プラスチック(GFRP)製の中翼配置、T字型尾翼のクラブクラス単座グライダーである。 ルドルフ・カイザー(en:Rudolf Kaiser)がKa 8ASK 18の後続機として最後に設計したグライダーである。

単座機として操縦しやすく、複座機のアレキサンダー・シュライハー ASK 21のコックピット配置とよく似ている。GFRP製のハニカム構造からなっており、フラップはなく、前輪、引き込み式でない主輪、テールスキッド(オプションで尾輪に換装できる)で構成されている。

初飛行は1983年10月で、初期型は体重が140kgまでのパイロットが乗ることができたが、次のB型で120kgまでに減らされた。

性能[編集]

出典:Sailplane Directory[1]

  • 乗員:1人
  • 全幅:15.0m
  • 全高:1.55m
  • アスペクト比:17.4
  • 翼型:Wortmann FX-61-168
  • 翼面積:12.9m2
  • 無積載時重量:240kg
  • 最大離陸重量:360kg
  • 超過禁止速度:215km/h
  • 最小沈下速度:0.66 m/s
  • 最良滑空比: 34

出典[編集]

  1. ^ Plane Details - ASK-23 Schleicher” (英語). Sailplanedirectory.com. 2009年11月8日閲覧。