アル・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・ホール
الخور
Al Khor
座標 : 北緯25度41分24秒 東経51度30分36秒 / 北緯25.69000度 東経51.51000度 / 25.69000; 51.51000
歴史
設立 1971年
行政
カタールの旗 カタール
 行政区画 アル=ホール
 市 アル・ホール
人口
人口 (2008年現在)
  市域 31,547人
その他
等時帯 UTC+3 (UTC+3)
夏時間 なし

アル=ホール[1]アラビア語: الخور‎、al-Khor)は、カタール北部にある都市。一般的なラテン文字表記はAl-Khor。

カタール半島東海岸のペルシア湾に面した港町で、カタールの首都ドーハから北に50kmに位置する。

ハマド前首長妃でタミーム現首長の母モウザ・ビント・ナーセル・アル=ミスナド英語版の出身地である[2]

歴史[編集]

人口構成[編集]

外国人が大多数で、特にインドパキスタンバングラデシュフィリピンからの労働者が多い。同市から近いラアス・ラファーン。

気候[編集]

砂漠気候に属し、5月から9月の平均気温は40°Cを越える。

経済[編集]

再開発[編集]

教育[編集]

スポーツ[編集]

交通[編集]

  • ムワーサラート社により路線バスが運行されている。
  • ドーハからもムワーサラート社により路線バスが運行されている。

脚注[編集]

  1. ^ 吉川卓郎. “カタル『民主化』への静かな道のり――第3 回地方自治評議会選挙の評価――”. 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科. 2013年2月9日閲覧。
  2. ^ Ancient Houses”. Qatar Tourism Authority. 2013年2月21日閲覧。