アル・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・クーパー

アル・クーパーAl Kooper, 1944年2月5日 - )は、アメリカ作曲家ミュージシャンプロデューサー。本名、アラン・ピーター・クーパーシュミット(Alan Peter Kuperschmidt)。ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズを結成したことや、マイク・ブルームフィールドとの競演などで知られている。また、ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」でのオルガン演奏など、キーボードやギターの名プレイヤーとしても知られている。1970年代に入ると、アトランタ市にレコード会社「サウンド・オブ・サウス」を設立し、レーナード・スキナードなどのバンドを世に出し、サザン・ロック・ブームの一翼を担った。

プロデューサースタジオ・ミュージシャンとしての名声に比して、ソロ・アーティストとして大々的な商業的成功を収めるには至っていない。しかし、特に日本ではその評価が高く、本国アメリカで廃盤となっているものを含めたほとんどのソロ・アルバムを入手することが可能である。

ソロ・アルバム[編集]

  • アイ・スタンド・アローン - I Stand Alone (1969年)
  • 孤独な世界 - You Never Know Who Your Friends Are (1969年)
  • イージー・ダズ・イット - Easy Does It (1970年)
  • 紐育市(お前は女さ) - New York City (You're A Woman) (1971年)
  • 早すぎた自叙伝 - A Possible Projection of the Future / Childhood's End (1972年)
  • 赤心の歌 - Naked Songs (1972年)
  • 倒錯の世界 - Act Like Nothing's Wrong (1976年)
  • チャンピオンシップ・レスリング - Championship Wrestling (1982年)
  • Rekooperation (1994年)
  • Soul of a Man (1995年)
  • Rare and Well Done (2001年)
  • ブラック・コーヒー - Black Coffee (2005年)
  • ホワイト・チョコレート - White Chocolate (2008年)

コラボレーション・アルバム[編集]

代表曲[編集]

  • I stand alone
  • Jolie
  • Where were you when I needed you
  • Back on my feet
  • New York City (You're A Woman)

来日公演[編集]

関連項目[編集]