アル・ウッザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アル・ウッザー ( العزى Al-‘Uzzā)とは、アラビア半島にてイスラム教以前のいわゆるジャーヒリーヤ時代に崇められていた女神。

アッラートマナートと共に最高神アッラーフの三人の娘の一人とされていた。単にウッザーとも言う。その名は「強力・権力」を意味する。

彼女の主神殿は、ターイフからメッカへの隊商路沿いのナフラ渓谷にあった。そこには三本のアカシアの木があり、その一本にアル・ウッザーが宿るとされた。その下には聖石と洞穴があり、生贄の血が捧げられていたという。

また、シリアでは明けの明星と同一視された。

関連項目[編集]