アルヴィド・ヤンソンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルヴィド・ヤンソンス
基本情報
出生 1914年10月24日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国
ラトビアの旗 ラトビア リエパーヤ
死没 1984年11月21日(満70歳没)
ジャンル クラシック音楽

アルヴィド・ヤンソンス(Arvid Jansons, 1914年10月24日 - 1984年11月21日)は、ラトヴィア指揮者

略歴[編集]

ロシア帝国クールラントのリバウ(現在のラトヴィア共和国リエパーヤ)の生まれ。リガ音楽院に学び、1946年全ソ指揮者コンクールに優勝、1952年よりエフゲニー・ムラヴィンスキー音楽監督のもとレニングラード・フィルハーモニー交響楽団の指揮者として、またレニングラード音楽院の教授として活躍した。しばしばレニングラード・フィルハーモニー交響楽団とともに、あるいは単身来日し、在京オーケストラを頻繁に指揮するなど日本におけるクラシック音楽の普及に尽力し、東京交響楽団から永久名誉指揮者の称号を贈られる。マンチェスターに没する。指揮者マリス・ヤンソンスは息子である。