アルメニア地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルメニア地震
被災したレニナカン(現ギュムリ)の教会
アルメニア地震の位置(アルメニア内)
アルメニア地震
本震
発生日 1988年12月7日
震源の深さ 10 - 20km
規模    マグニチュード (Ms)6.8
被害
死傷者数 死者約25,000人
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

アルメニア地震(アルメニアじしん)は、1988年12月7日アルメニア共和国の北部にあたるロリ地方の一都市スピタク英語版震央として発生したマグニチュード(Ms)6.8、(Ml)7.2 の地震1988年アルメニア地震スピタク地震などとも言う。

概要[編集]

死者は約2万5000人とされる。震央に近い地域の高層建築物はほとんど倒壊し、40万人を超える人が家を失った。レニナカン(現・ギュムリ)では数千人が死亡し、街が壊滅した。地震発生時、震央から約90kmの地点にあるメツァモール原子力発電所は運転中であったが、被害は受けず、その後も正常な運転を継続していた。しかし、この地震をきっかけに同原子力発電所は一時的に閉鎖されることになった。

関連項目[編集]