アルミン・コグラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
オーストリアの旗 オーストリア
男子 スキージャンプ
ノルディックスキー世界選手権
1982 Oslo 70m級個人
1982 Oslo 90m級団体
1985 Seefeld 90m級団体

アルミン・コグラー(Armin Kogler、1959年9月4日 - )はオーストリアチロル州シュヴァーツ出身の元スキージャンプ選手。

プロフィール[編集]

1979年スキーフライング世界選手権ユーゴスラビア、プラニツァ)で優勝して頭角を現した。

翌1979-1980シーズンの第一回スキージャンプ・ワールドカップで5勝をあげ、同僚のフーベルト・ノイパーに次ぐ総合2位になった。 レークプラシッドオリンピックでは90m級5位、70m級で12位となった。

1980-1981シーズンはジャンプ週間で自己最高の総合2位、フライング選手権2位、またワールドカップでは3勝、表彰台12回で総合優勝を達成した。 1981-1982シーズンはオスロでの世界選手権で70m級個人金メダル、団体銀メダル、90m級個人で銅メダルを獲得し、ワールドカップでも総合2連覇を果たした。

1984年サラエボオリンピックでは70m級52位、90m級6位。 1985年、地元オーストリアで開催された世界選手権では団体銀メダルを獲得した。同年札幌での90m級で5位になったのがワールドカップでの最後である。 ワールドカップ通算13勝(2位12回3位12回)。

1979年と1981年、1982年の3回オーストリアスポーツマンオブザイヤーを受賞、1984年にはホルメンコーレン・メダルを受賞した。

コグラーは1989年からチロリアン航空のパイロットとして働くとともにオーストリア放送協会(ORF)のスポーツコメンテーターとして活動。2007年2月には精巣腫瘍を患ったが翌シーズンからコメンテーターに復帰した。

マルティン・コッホは甥にあたる。

外部リンク[編集]