アルミランテ・ファン・デ・ボルボーン (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
F-102 Almirante Juan de Borbon CSSQT.jpg
艦歴
建造者 イサル
フェロル造船所
運用者 Flag of Spain.svgスペイン海軍
計画
発注 1997年1月31日
起工
進水 2002年2月28日
竣工
就役 2003年12月3日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 フリゲート
艦級 アルバロ・デ・バサン級
排水量 基準 不明t
満載 6,250t
全長 146.72m
全幅 18.6m
深さ
高さ
吃水 4.75m
機関 COGAG方式、2軸推進
* LM2500 ガスタービン × 2基(46,648HP
* バサン=キャタピラー3600ディーゼル × 2基(12,000HP)
機関出力
速力 最大速 29ノット
燃料
航続距離
潜航限界深度
乗員 240名
搭載量
兵装 * Mk 45 Mod 2 54口径5インチ砲 × 1基
* メロカ 20mmCIWS × 2基
* ハープーンSSM 4連装発射筒 × 2基
* Mk41VLS 32セル
* Mk32 Mod9 324mm魚雷発射管 × 4基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 SH-60B シーホークLAMPS × 1機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * NTDS (リンク 4A/11/14/16)
* Mk 7 AWS+Mk 34 GWS
レーダー * AN/SPY-1D 多機能フェーズドアレイ
* AN/SPS-67(V)4 対水上
* タレス スカウト航海
* AN/SPG-62イルミネーター × 2基
* FABA DORINA 射撃指揮
ソナー ENOSA=レイセオン DE 1160LF(I)
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
愛称
モットー
その他

アルミランテ・ファン・デ・ボルボーンスペイン語Almirante Juan de Borbón F-102)は、スペイン海軍フリゲートアルバロ・デ・バサン級フリゲートの2番艦。艦名はファン・デ・ボルボーンに由来する。

艦歴[編集]

「アルミランテ・ファン・デ・ボルボーン」は、イージスシステム搭載型フリゲートとしてイサルフェロル造船所で建造され、2002年2月28日進水、2003年12月3日に就役した。

2004年9月、アメリカ海軍アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦DDG-91 ピンクニー」とともにミサイル発射試験を実施した。

2006年9月8日レバノン紛争の停戦後に平和維持活動のため周辺海域に派遣され、同年11月12日に無事に任務を終え帰還する。

2007年2月、ガリバー07演習に参加[1]

2008年8月、黒海での演習のためにアメリカ海軍FFG-50 テイラー」、ドイツ海軍F214 リューベック」、ポーランド海軍ORP ゲネラウ・カジミェシュ・プワスキ」から成るNATO所属艦艇と共にボスポラス海峡を通過した。これらは2007年10月時点で既に予定されていた演習だが、南オセチア紛争の当事者であるロシアが情勢への影響に対して懸念を表明した[2][3]

脚注[編集]