アルマン・ドゥペルデュサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Armand Deperdussin (1913)

アルマン=ジャン=オギュスト・ドゥペルデュサン(Armand-Jean-Auguste Deperdussin1870年 - 1924年)は、ベルギー生まれのフランスの航空のパイオニアの1人である。

元キャバレー歌手での輸入で富を築いたアルマン・ドゥペルデュサンは、1910年ルイ・ブレリオドーバー海峡横断飛行などが行われた年に飛行機会社 (Société pour les Appareils Deperdussin (SPAD)を設立した。技術的な教育をうけていなかったが、ルイ・ベシュローの才能を見抜いて雇い、ベシュロー設計の大戦前のレース用飛行機ドゥペルデュサン・レーサーで成功した。このドゥペルデュサン・レーサーは、モノコック構造で140馬力のノーム・エンジンを搭載した木製単葉機機である。

1912年ゴードン・ベネット・カップ・レースに始まり、1913年シュナイダー・トロフィー・レースなどで優勝し、速度記録も樹立した。

1913年に彼の会社は破産し、ブレリオによって経営されることになった。1917年、ドゥペルデュサンは横領の罪で逮捕され投獄された。