アルマラス原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルマラス原子力発電所
外観
アルマラス原子力発電所の位置
アルマラス原子力発電所の位置
スペイン
座標 北緯39度48分29秒 西経5度41分49秒 / 北緯39.80806度 西経5.69694度 / 39.80806; -5.69694 (アルマラス原子力発電所)座標: 北緯39度48分29秒 西経5度41分49秒 / 北緯39.80806度 西経5.69694度 / 39.80806; -5.69694 (アルマラス原子力発電所)
着工 1973年
運転開始 1983年9月1日
運転免許期限 2021年(1号機)
2023年(2号機)
事業主体 イベルドローラ (53%)
エンデサ
ウニオン・フェノーサ
運営者 アルマラス・トリーリャ
原子力協会 (CNAT)
原子炉
運転中 2 × 1040 MW
発電量
平均発電量 19,692 GWh
正味年間発電量 325,437 GWh
2007年7月25日現在
テンプレートを表示

アルマラス原子力発電所(スペイン語: Central nuclear de Almaraz)はスペインエストレマドゥーラ州カセレス県アルマラス英語版にある原子力発電所。幾つかの自治体にまたがっている。

2基の加圧水型原子炉を擁し、1040MWeの出力を持つ。冷却水はタホ川から引き入れている。出力はスペイン全体の発電量の7.6%程であり原子力発電全体のおおよそ25%がこの発電所で生成されている。スペインで最初に立てられた第二世代原子炉の原子力発電所である。

原子炉[編集]

原子炉[1] 形式 純発電量 総発電量 建設開始 送電網同期 商業運転 停止
1号機 (Almaraz-1) 加圧水型炉 1011 MW 1045 MW 1973年7月2日 1981年5月1日 1983年9月1日
2号機 (Almaraz-2) 加圧水型炉 1006 MW 1044 MW 1973年7月2日 1983年10月8日 1984年7月1日

画像[編集]

[編集]

外部リンク[編集]