アルボイーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ロンゴバルド王アルボイーノの暗殺』 (1856年)

アルボイーノAlboino, 526年? - 572年6月ヴェローナ)は、560年からのランゴバルド族の王で、568年から572年のイタリア王である。567年パンノニアのゲピド族を部族長クニムンド英語版共々虐殺し、またクニムンドの娘ロザムンダ英語版を妻としたが、572年に彼女に暗殺された。

関連項目[編集]


先代:
アウドゥイーノ英語版
ロンゴバルド王
560年頃 - 572年
次代:
クレーフィ
先代:
テーイア
イタリア王
568年 - 572年
次代:
クレーフィ
執筆の途中です この「アルボイーノ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア