アルボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Arbo

{{{市章説明}}}

Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ア・パラダンタ
面積 42.9km² km²
標高 257m
人口 3,801人(2,010年) 人 ()
人口密度 90.37人/km² 人/km²
住民の呼称 arbense
ガリシア語率 92.79%
Arboの位置
Arbo
スペイン内のアルボの位置
Arboの位置
Arbo
ポンテベドラ県内のアルボの位置

北緯42度07分 西経8度19分 / 北緯42.117度 西経8.317度 / 42.117; -8.317

Situacion Arbo.PNG

アルボArbo)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は3,801人(2009年:3,833人、2004年:4,018人、2003年:4,121人)。住民呼称は男女同形のarbense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は92.79%(2001年)。

地理[編集]

アルボはポンテベドラ県の南東部に位置し、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。隣接する自治体は、北がア・カニーサ、東がクレセンテ、西がアス・ネベス、そして南がミーニョ川を隔ててポルトガルメルガーソMelgaço)となっている。自治体の中心はアルボ教区のパソ地区[1]

人口[編集]

アルボの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3] 

歴史[編集]

自治体では、新石器時代の石おのが発見されており、現在ポンテベドラの県立博物館に所蔵されている。また、ミーニョ川河畔のサン・ショアン・デ・アルボ地区にはペトログリフが残されている。

アルボについての現存する最古の記録は、アルフォンソ7世によって、サンタ・マリーア・デ・メロン修道院にこの地が寄贈されたことについて記述されている。そして、現在も同修道院の特権、寄贈などに言及するおびただしい数の証文が残されている。

ポルトガル領のメルガソに、川を隔てて隣接するという地理的条件は、しばしば、アルボを直接あるいは間接的に紛争に巻き込むこととなった。フェリーペ4世統治下のポルトガル独立回復戦争スペイン継承戦争、そしてスペイン独立戦争時の1809年2月には、この地に入るために重要なモウレンタン橋をめぐって、この地の住民とフランス兵との間で衝突が起きている。

経済[編集]

近年、人口の減少が著しいが、いくつかの経済分野においては、伸びている。とくに、ワイン生産の分野においては順調に伸びている。自治体内にはいくつものワイン醸造所がある。この地域の天候は良質の白ワインアルバリーニョの生産に適しており、D.O.リアス・バイシャスの一翼を担っている。また、その他の分野ではアグリツーリズムが重要分野となっている。

政治[編集]

自治体首長は、ガリシア国民党(PPdeG)のマヌエル・リベーラ・ドミンゲス(Manuel Rivera Domínguez)、自治体評議員はガリシア国民党:6、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、A.I.AR.(Alternativa Independiente de Arbo):2、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1、となっている(2007年自治体選挙結果)。

教区[編集]

アルボは6の教区に分けられている。太字は自治体中心地区のある教区[1]

  • アルボ(サンタ・マリーア)
  • バルセーラ(サン・ショアン)
  • カベイラス(サン・セバスティアン)
  • セケリーニョス(サン・ミゲル)
  • モウレンタン(サン・クリストーボ)
  • セラ(サンタ・マリーア)

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.2、p.72-74、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5811-3
  2. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  3. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.

外部リンク[編集]