アルベール・ユスタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルベール・ユスタン(Albert Hustin 、1882年7月15日 - 1967年9月12日)は、ベルギー医師である。1913年にクエン酸ナトリウムを使って、血液の凝固を防止できることを発見し、保存血液による輸血をすることを可能にした1人である。この方法はユスタンとアルゼンチンの医師、ルイス・アゴーテドイツ系アメリカ人リチャード・ルーイソンが独立して発見した。

生涯[編集]

Etheで生まれ、ベルギー南部のヴィルトンで育った。ブリュッセル自由大学で医学を学んで、外科医のAntoine Depage の助手となった後、1年間、パリで学び、1906年にアメリカ合衆国留学した。1908年からにブリュッセルのSint-Janshospitaalで研究を始めた。1925年からブリュッセル自由大学の医学の教授を務めた。

クエン酸ナトリウムが、血液の凝固を防ぐことを1913年にソルベー研究所で動物実験で発見した。1914年3月27日に、Sint-Janshospitaalでこの方法で最初の臨床で用い成功した。1914年4月にPrincipe d’une nouvelle méthode de transfusion sanguineという題目の論文で発表した。第一次世界大戦中にデ・パンネ(De Panne)の軍の病院の病院長となったAntoine Depage は1915年からはこの方法で負傷兵の治療をおこなった。1934年にユスタンはベルギー赤十字社の輸血センターを設立した。

ユスタンは医学以外にも広い分野に興味を持ち、ベルギーのロレーヌ地方の習慣や言語について、2冊の著書を著した。

外部リンク[編集]