アルベール・シャルル・デュ・ブスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1866年、日本への出発前のフランス軍事顧問団。中央で立っているのが団長のシャルル・シャノワーヌ、その左に座っているのがデュ・ブスケ、同右側がジュール・ブリュネ

アルベール・シャルル・デュ・ブスケ(Albert Charles Du Bousquet、1837年3月25日 - 1882年6月18日)は、フランスの軍人、後に明治政府のお雇い外国人

経歴[編集]

1837年3月25日ベルギーに生まれる。1855年フランスに戻りサンシール士官学校に入学、卒業後少尉に任官された。アロー戦争に従軍、1860年英仏連合軍の北京占領にも参加した。第31歩兵連隊の歩兵中尉だった1866年、十四代将軍徳川家茂の要請でナポレオン三世が派遣した、シャルル・シャノワーヌ大尉を隊長とする第一次遣日フランス軍事顧問団に選ばれた[1]ジュール・ブリュネとは異なり、箱館戦争には参加しなかった。

幕府崩壊により軍事顧問団は解雇されたが、デュ・ブスケは帰国せず、フランス公使館の通訳として日本に残った。1870年(明治3年)兵部省兵式顧問に採用され御雇い外国人となった。1871年(明治4年)には翻訳官として元老院の前身である左院に雇用された[2]。以後元老院の国憲按起草の資料などを含め、100以上の法律、軍事などのフランス資料を翻訳したほか、条約改正交渉に関して助言・建議した。当時の資料ではジブスケと呼ばれている。

1876年(明治9年)日本女性田中はなと結婚、6子をもうけた。日本政府との契約が満期完了した後も、フランス領事として日本に留まり、1882年6月18日に東京で死亡した。墓地は青山霊園、墓碑には「治部輔」と刻まれている。デュ・ブスケの棺には4人が付き添ったが、そのうちの一人はアーネスト・サトウであった。

脚注[編集]

  1. ^ デュ・ブスケは歩兵教育を担当した。幕府陸軍では、軍服のズボンを彼の名前をとって、「ジブスケ袴」と呼んだ。
  2. ^ この時の月給は600円であったが、これは右大臣岩倉具視と同額である。

参考文献[編集]

  • 朝日日本歴史人物事典
  • 萩原延壽著『遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈14〉離日』(朝日新聞社、2001年)。ISBN 978-4022573261
  • 梅渓昇著『明治前期政治史の研究』(未来社、1963年)。ASIN B000JAJ7WI
  • 梅渓昇著『お雇い外国人 明治日本の脇役たち』(日経新書、1965年)。ISBN 978-4061598072(講談社、2007年再版)
  • 梅渓昇著『お雇い外国人〈11〉政治・法制 』(鹿島出版会、1971年)。ASIN B000J9HGSG
  • 梅渓昇著『お雇い外国人の研究 上・下巻』(青史出版、2010年)。ISBN 978-4921145408ISBN 978-4921145422
  • 篠原宏著『陸軍創設史―フランス軍事顧問団の影』(リブロポート出版、1983年)。ISBN 978-4845701018

外部リンク[編集]