アルベルト・ボルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルベルト・ルートヴィヒ・ボルマンAlbert Bormann, 1902年9月2日 - 1989年4月8日)はドイツの政治家。アドルフ・ヒトラーの個人秘書。党の官房長を務めたマルティン・ボルマンの実弟。

ザクセン=アンハルト州のハルバーシュタット近郊のヴェーゲレーベンで、郵便局の従業員テオドール・ボルマンの次男として生まれる。両親は幼いときに死没したという。 1922年に銀行に就職する。1927年には国家社会主義ドイツ労働者党に入党し、突撃隊に参加する。1929年から1931年まで、兄が管区指導者を務めていたテューリンゲンで、ヒトラーユーゲントの指導者を努める。1934年からは、ヒトラーの秘書として仕え、突撃隊大佐に昇進する。

アルベルトの出世には、兄マルティンの引き立てがあったと思われるが、兄弟でヒトラーの近くに仕えるようになると、次第に仲が悪くなっていった。アルベルトの妻はドイツ系ハンガリー人であったが、マルティンはドイツ系ではないという噂を流した。

1938年には西ベルリン選挙区から選出されて帝国議会議員となる。最終階級はNSKK中将1945年4月、連合軍がベルリンに迫ると、ヒトラーの命により、ベルリンから脱出し、ミュンヘンにあったヒトラーのアパートにあった個人的な書類を処分する。ドイツ降伏後は、農場で農業労働者として潜伏していたが、1949年に出頭して逮捕された。非ナチ化法廷で6か月の重労働刑の判決を受けた。釈放後はミュンヘンに住んだ。