アルベルト・プリンツ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥルン・ウント・タクシス侯アルベルト、2011年

アルベルト・プリンツ・フォン・トゥルン・ウント・タクシスドイツ語:Albert Maria Lamoral Miguel Johannes Gabriel Prinz von Thurn und Taxis, 1983年6月24日 レーゲンスブルク - )は、ドイツの公子、実業家、億万長者、ソーシャライト。トゥルン・ウント・タクシス侯爵家の現当主。

1990年、父の死に伴ってわずか8歳で侯爵家の家長位と財産を相続し、同時に世界最年少のビリオネアとなった。彼の純資産は2009年の時点でおよそ21億ドルと見積もられている。アルベルトは1990年より世界最年少ビリオネアの地位を保ち続けていたが、26歳になった2010年、25歳で40億ドルの資産を獲得したFacebookの創設者マーク・ザッカーバーグにその地位を奪われた。

アルベルトはトゥルン・ウント・タクシス侯ヨハンネスと、1980年代にメディアの注目を集めていた侯爵夫人グロリアの間の長男として生まれ、1990年に侯爵家の家督と財産を受け継いだが、母グロリアがアルベルトの成人まで財産を管理した。トゥルン・ウント・タクシス家はもとは神聖ローマ帝国の郵便業務の責任者を務めていた一族で、ヨーロッパ大陸における郵便制度の発展に大きな役割を果たす一方で、郵便網の支配によって巨万の富を蓄積し、帝国諸侯にも列せられた。

アルベルトはローマの高校を卒業すると軍務に就き、その後エディンバラ大学で神学と経済学を学んだ。彼はレーシングドライバーでもあり、2007年のドイツADAC GTマスターズでは所属チームとともに準優勝を果たした。

アルベルトは2008年、米「フォーブス」誌が発表した「最も注目されている若手の王族20人(20 Hottest Young Royals)」のランキングにおいて11位にランクインした。

外部リンク[編集]

先代:
ヨハンネス
トゥルン・ウント・タクシス家家長
1990年 -
次代:
-