アルベルト・ジョアン・ジャルディン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベルト・ジョアン・ジャルディン
Alberto João Jardim
生年月日 1943年2月4日(71歳)
出生地 Flag of Portugal.svg ポルトガルフンシャル、サンタルチア
出身校 コインブラ大学
所属政党 社会民主党
配偶者 マリア・アンジェラ・アンドラーデ・マルティンス

任期 1978年3月17日 -
テンプレートを表示

アルベルト・ジョアン・カルドーゾ・ゴンサルヴェス・ジャルディンポルトガル語: Alberto João Cardoso Gonçalves Jardim1943年2月4日 - )は、ポルトガルマデイラ自治地域の政治家。現在、自治政府主席(第2代)。

経歴[編集]

コインブラ大学法学部を卒業後ポルトガル各地で教鞭を取り、また1974年4月25日に起こったカーネーション革命後は人民民主党(現在の社会民主党)の創設に携わったが、自治政府首席としてはたびたびポルトガル本土を挑発する発言を行い、ポルトガル政治の中で最も賛否が分かれる政治家の一人である。妻との間に1男2女あり。