アルベルト・エレーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルベルト・エレーデAlberto Erede, 1909年11月8日 - 2001年4月12日[1])はイタリア指揮者

ジェノヴァに生まれ、ミラノ音楽院で作曲を修めた後、バーゼル音楽院フェリックス・ヴァインガルトナーに指揮法を師事した。 フリッツ・ブッシュの下でアシスタントを務めた後、1934年に、ローマ聖チェチーリア音楽院のコンサートを指揮してデビューを飾った。 1935年にはトリノでワーグナーの《ニーベルングの指環》を指揮してオペラ指揮者として成功を収め、グラインドボーン音楽祭ザルツブルク音楽祭などに出演するようになった。 1937年には、アメリカのNBC交響楽団を指揮してアメリカ・デビューを飾っている。 第二次世界大戦中はイタリアに戻り、トリノ・イタリア放送交響楽団の指揮者を務めていた。 戦後はメトロポリタン歌劇場で活躍した後、1956年からライン・ドイツ・オペラに出演し、1958年から3シーズン同歌劇場の音楽監督を務めた。またエーテボリ交響楽団の指揮者も務めた。

モンテカルロの自宅で死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]