アルベルト・アッツォ2世・デステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベルタッツォ2世と妻のクニッツァ・ディ・ズヴェーヴィア

アルベルト・アッツォ2世・デステ(Alberto Azzo II d'Este、または略してアルベルタッツォ2世(Albertazzo II)とも。996年 - 1097年)は、 イタリアの貴族。パドヴァ地方にある町エステシニョーレとなったことにより、エステ家の始祖となった。

エステに城を立て、その後町は村と言うには少し大きいぐらいに成長した。ルーニトルトーナジェノヴァミラノの伯爵であったアルベルト・アッツォ1世の息子で、オベルトの血を引いている。アルベルト・アッツォ2世はルニジャーナ伯、ミラノ伯で、エステとロヴィーゴのシニョーレであった。教皇国家神聖ローマ帝国との争いの中で、皇帝と教皇およびマティルデ・ディ・カノッサとの同盟関係を巧みに入れ変えながらうまくいく方法を模索した。彼の領地は全て北イタリアにあり、家系の出身地であるルニジャーナとモデナ地域を含んだ彼のシニョリーアとなっている。シュヴァーベンのヴェルフ2世の娘クニッツァ・ディ・ズヴェーヴィア(クニグンデ)と結婚し、続いてガルセンダ(アーマンガード)と結婚した。

家族[編集]

先代:
アルベルト・アッツォ1世
エステ辺境伯
? - 1097年
次代:
フォルコ1世