アルブレヒト4世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイエルン公アルブレヒト4世

アルブレヒト4世(Albrecht IV., 1447年12月15日 - 1508年3月18日)は、15世紀上バイエルン=ミュンヘンアルブレヒト3世の5男。ヨハン4世ジギスムントの弟。狡猾公(der Weise)の渾名を持つ。

聖職者になる予定だったが、長兄のヨハン4世が急死したため、次兄のジギスムントと共同統治することになった。1467年にジギスムントが公の座を降りてダッハウに居住したので、アルブレヒト4世の単独統治となった。ジギスムントは1501年に死去、ダッハウも返還された。

1486年レーゲンスブルクを占領し、1487年神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の娘クニグンデと勝手に結婚した。激怒したフリードリヒ3世と対立するも、義兄のローマ王マクシミリアン1世の仲介で和睦した。チロル領主ジークムントとの紛争も解決、以後マクシミリアン1世に仕えた。

1503年、遠縁の下バイエルン=ランツフート公ゲオルクが死去、婿のループレヒトプファルツ選帝侯フィリップの3男)が相続人に指名されたことに反発し、ランツフート継承戦争を起こした。マクシミリアン1世の加勢も得てアルブレヒト4世はこの戦争に勝利し、ゲオルクの遺領の大半を獲得してバイエルンを統一した(残りはループレヒトの子でゲオルクの外孫オットー・ハインリヒプファルツ=ノイブルク公として継承)。

以後のバイエルンの分裂を防ぐため、1506年に分割相続を禁止した布告を発布した。1508年のアルブレヒト4世の死後、長男のヴィルヘルム4世が相続したが、1516年に次男のルートヴィヒ10世も相続権を主張して兄に共同統治を認めさせた。1545年のルートヴィヒ10世の死によってバイエルンは再統一され、以後長子単独相続として続いていく。

子女[編集]

関連項目[編集]

先代:
ヨハン4世
上バイエルン=ミュンヘン
1463年 - 1508年
ジギスムントと共同統治(1467年まで)
次代:
ヴィルヘルム4世
先代:
ゲオルク
下バイエルン=ランツフート
1503年 - 1508年
次代:
ヴィルヘルム4世