アルブレヒト・ウンゼルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルブレヒト・オットー・ヨハネス・ウンゼルトAlbrecht Otto Johannes Unsöld, 1905年4月20日- 1995年9月23日)はドイツ天体物理学者である。恒星大気の研究や、『恒星大気の物理学』『現代天文学』の著者として知られている。

バーデン=ヴュルテンベルク州のボルハイム (Bolheim) に生まれた。テュービンゲン大学、後にミュンヘン大学アルノルト・ゾンマーフェルトなどに物理学を学んだ。1932年にキール大学の教授となり1973年までその職にあった。

恒星大気のスペクトル線のプロファイルから、恒星大気の運動等を求める方法を提案し、1939年にB0型恒星のスペクトル線についての研究を発表した。これは太陽以外の恒星の大気についての最初の研究であった。

[編集]

命名[編集]