アルフレード・オリアーニ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレード・オリアーニ級駆逐艦
Insert image here.svg
艦級概観
艦種 駆逐艦
就役開始 1937年
退役完了 1954年(アルフレード・オリアーニ)
前級 マエストラーレ級駆逐艦
次級 ソルダティ級駆逐艦
性能諸元
排水量 基準排水量 1,559トン
常備排水量 2,130トン
満載排水量 2,320トン
全長 106.7m
全幅 10.2m
吃水 4.3m
機関 ギアードタービン3缶2基 2軸推進 48,000hp
速力 39ノット、重油:510t
航続距離 2,190海里(18ノット)
乗員 173人
兵装 120mm連装砲 2基4門
37mm連装機関砲 1基2門
20mm機関砲 6門
3連装533mm魚雷発射管 2基
爆雷投射機 2基
表記
日本語 アルフレード・オリアーニ級駆逐艦
ポエティ級駆逐艦
イタリア語 Cacciatorpediniere Classe Alfredo Oriani
Cacciatorpediniere Classe Poeti
英語 Alfredo Oriani Class Destroyer
Poeti Classe Destroyer

アルフレード・オリアーニ級駆逐艦Cacciatorpediniere Classe Alfredo Oriani)は、イタリア王立海軍駆逐艦。4隻が建造された。艦名が作家から採られているため、ポエティ級Classe Poeti)とも呼ばれる。

マエストラーレ級駆逐艦の改良型で、対空火力と機関の強化が行われているが、大きな差異はない。1935年より建造され、1937年より順次就役した。

第二次世界大戦では、同型艦4隻で第4駆逐艦戦隊を構成した。カラブリア沖海戦で、ヴィットーリオ・アルフィエーリがボルツァーノと接触し、損傷。スパルティヴェント岬沖海戦では損傷がなかったものの、マタパン岬沖海戦にてヴィットーリオ・アルフィエーリとジョズエ・カルドゥッチが沈没した。 その後、1943年8月9日ヴィンチェンツォ・ジョベルティが、イギリス潜水艦シムーンにより撃沈。9月のイタリアと連合軍の休戦により、アルフレード・オリアーニは、連合軍の指揮下に入った。

大戦後の1948年、唯一生き残ったアルフレード・オリアーニがフランスに引き渡され、駆逐艦デスタン(D'Estaing)と改名。1954年に解体されるまで在籍した。


同型艦[編集]

艦名 由来
アルフレード・オリアーニ(Alfredo Oriani 同名の作家en
ヴィットーリオ・アルフィエーリ(Vittorio Alfieri 同名の劇作家
ジョズエ・カルドゥッチ(Giosuè Carducci 同名の詩人
ヴィンチェンツォ・ジョベルティ(Vincenzo Gioberti 同名の思想家en

関連項目[編集]

外部リンク[編集]