アルフレート・ヴェンネンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレート・ヴェンネンベルク
Alfred Wünnenberg
Bundesarchiv Bild 121-1395, Alfred Wünnenberg.jpg
アルフレート・ヴェンネンベルク、1942年
生誕 1891年7月20日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
ザールベルク
死没 1963年12月30日
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国
クレーフェルト
所属組織 War Ensign of Germany 1903-1918.svg ドイツ帝国陸軍
Ordnungspolizei flag.svg 秩序警察
Flag Schutzstaffel.svg 武装親衛隊
最終階級 親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)
テンプレートを表示

アルフレート・ベルンハルト・ユリウス・エルンスト・ヴェンネンベルク(Alfred Bernhard Julius Ernst Wünnenberg、1891年7月20日1963年12月30日)は、ナチス・ドイツの警察高官、また親衛隊(SS)の将軍。第二次世界大戦前期には第4SS警察装甲擲弾兵師団第4SS戦車軍団を率いて勇戦した。後期には秩序警察(オルポ)長官代理を務めた。最終階級は親衛隊大将(SS-Obergruppenführer)、武装親衛隊大将(General der Waffen-SS)、警察大将(General der Polizei)。

経歴[編集]

ザールベルク出身。1913年2月にドイツ帝国陸軍に入隊。第一次世界大戦開戦までに下士官に昇進した。第一次世界大戦では西部戦線で戦い、1915年には中尉に昇進し、歩兵中隊指揮官に任じられた。1916年からは飛行機部隊のパイロットに選ばれ、偵察パイロットとして活躍した。

戦後、上シレジアで義勇軍(フライコール)に参加した。1920年9月に軍を去った。軍での最終階級は大尉であった。その後、プロイセン州警察に入隊。1920年4月からエッセンの警察学校で警察犬の指導員となった。ポツダムの警察学校でもインストラクターとして勤務。1924年2月に警察犬部隊の司令官となった。1926年にはクレーフェルトの警察学校、さらに1928年にはケルンの警察学校へ配属された。1928年5月からベルリンの警察の管理部に勤めた。1929年に結婚し、娘を一人儲けた。1933年5月に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党(党員番号222 2600)。1933年8月からビトムで警察守備隊の指揮官となった。1935年2月からザールブリュッケン、1937年10月からはブレーメンマンハイムで勤務した。1938年12月にはシュトゥットガルトの警察監督官となった。

1939年10月に第3SS警察狙撃兵連隊の司令官となった。この際に親衛隊(SS)に入隊し(隊員番号405,898)、親衛隊大佐の階級を与えられた。対フランス戦バルバロッサ作戦もこの連隊を率いて参加し、騎士鉄十字章を受章した。1941年11月5日にはヴァルター・クリューガーに代わって第4SS警察装甲擲弾兵師団の師団長に就任した。1942年4月には親衛隊少将警察少将に昇進するとともに柏葉章を受章した。1943年6月10日に第4SS戦車軍団の軍団長となり、8月31日まで在職した。1943年9月1日から病となった秩序警察長官クルト・ダリューゲに代わって秩序警察長官代理となった[1]。この座はドイツの敗戦まで保持している。1945年5月、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーは最後の意思でヴェンネンベルクを後継者に指名している[2]。敗戦後の1946年、アメリカ軍に逮捕されてダッハウの米軍収容所で拘禁されたが、翌年には釈放された。1963年12月30日にクレーフェルトで死去した。

受章[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.lexikon-der-wehrmacht.de/Personenregister/W/WuennenbergA-R.htm
  2. ^ http://www.geocities.com/~orion47/SS-POLIZEI/SS-Ogruf_M-Z.html
  3. ^ Veit Scherzertyo著「Die Ritterkreuzträger 1939-1945」(Scherzers Militaer-Verlag, Ranis/Jena 2007)ISBN 978-3-938845-17-2, S.798


先代:
クルト・ダリューゲ
秩序警察長官(代理)
1943 - 1945
次代:
-