アルフレート・グリュンフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレート・グリュンフェルト
アルフレート・グリュンフェルト(1906年)}
アルフレート・グリュンフェルト(1906年)
基本情報
出生名 Alfred Grünfeld
出生 1852年7月4日
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 プラハ
死没 1924年1月4日(満71歳没)
オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
学歴 プラハ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト・作曲家
担当楽器 ピアノ

アルフレート・グリューンフェルトAlfred Grünfeld, *1852年7月4日 プラハ – †1924年1月4日 ウィーン)は、オーストリアで活躍したボヘミア出身のヴィルトゥオーゾピアニスト作曲家。録音を遺した最初の著名なピアニストの一人である。

略歴[編集]

プラハ音楽院ヨセフ・クレイチに師事した後、ベルリン新音楽アカデミーにおいてテオドール・クラックとJ.T.ホイヤーに師事。1873年にウィーンに定住して宮廷演奏家の称号を授与され、新ウィーン音楽院に教授として勤めた。1897年にはウィーン音楽院教授に任命されている。欧米で数々の演奏旅行を行い、とりわけヨハン・シュトラウス2世ワルツの演奏会用パラフレーズの公開演奏で名を馳せた。シュトラウス2世本人から《春の声》作品410を献呈されている。ドイツに演奏旅行を行なった際に、初代ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世より宮廷ピアニストに任命された。

ハインリヒ(1855年~1931年)も作曲家ならびにチェリストとして名を揚げた。姪のエルナはプラハ音楽院のピアノ教師となり、イヴァン・モラヴェッツらを輩出した。

死後ウィーン中央墓地に埋葬された。

栄誉[編集]

  • Eiserne Krone III.Klasse (Österreich) (オーストリア帝国第3級鉄兜功労章)
  • Franz-Josef-Orden, Ritterkreuz (Österreich) (フランツ=ヨーゼフ勲章、オーストリア帝国騎士十字功労章)
  • Roter Adler-Orden IV. Klasse (プロイセン王国第4級赤鷲勲章)
  • Kronenorden III. Klasse (ドイツ帝国第3級宝冠章)

主要作品一覧[編集]

オペラとオペレッタ[編集]

  • ルートヴィヒ・フィッシュルとアレクサンダー・ランデスベルクによる3幕の軽歌劇《遊び人》(Der Lebemann. Operette in 3 Akten von Ludwig Fischl und Alexander Landesberg.)(初演:1903年、Theater an der Wien
  • 部分的にカールマーン・ミクシャートの小説をモチーフとした3幕の喜歌劇《フォガラシュの美女たち》(Die Schönen von Fogaras. Komische Oper in 3 Akten. Zum Teil nach einem Novellenmotiv Kalman Mikszáths von Victor Léon.) (台本:ヴィクトル・レオン、作曲:1908年頃、初演:ドレスデン)

ピアノ曲[編集]

  • オクターヴ練習曲 作品15
  • メヌエット 作品31
  • スペインのセレナード 作品37
  • ダンス・アラベスク (Tanz-Arabeske) 作品41
  • ロマンツェ (Romanze) 作品42
  • ロマンス (Romance) 作品45-1 (1896年)
  • 民族的な動機を用いた《ハンガリー幻想曲》 (Ungarische Fantasie: mit Benutzung von Nationalmotiven) 作品55 (1912年)
  • 《ウィーンの夜会》ヨハン・シュトラウスのワルツ主題による演奏会用パラフレーズ(オペレッタ《こうもり》などから) 作品56(Soirée de Vienne: Konzertparaphrase über Johann Straußsche Walzermotive (aus „Fledermaus“ u.a.). Op. 56.)
  • ヨハン・シュトラウス2世の《春の声》作品410によるワルツ・パラフレーズ (Walzer-Paraphrase über „Frühlingsstimmen Op. 410“ von Johann Strauß
  • 皇帝円舞曲Kaiser-Walzer

参考文献[編集]

外部リンク[編集]