アルフレッド・ローソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・ローソン

アルフレッド・ウィリアム・ローソン英語: Alfred William Lawson1869年3月24日1954年11月29日)は、イギリスロンドン生まれのプロ野球選手、マネージャー、リーグ興業者。またアメリカ合衆国へと渡り、2冊の航空業界誌を出版したアメリカの航空機産業のパイオニア的存在でもある。1904年にはエドワード・ベラミーのユートピア文学『顧みれば』の影響を受けて"Born Again"という小説の出版もしている。

彼はしばしば大型旅客機の発明者としてあげられるが[1]、いくつかの航空便の契約を結んだものの果たすことはできなかった。アメリカのウィスコンシン州グリーンベイには軍事用の練習機を建造する、ローソン・エアクラフト・カンパニーを設立、その後も同州のミルウォーキーに旅客機を建造するため同会社の支店を設立した[2]。しかし彼の夢であった夜間の旅客機が1921年5月8日に事故を起こし、裁判となるとその後は再び成功することはなかった。

出典[編集]

外部リンク[編集]