アルフレッド・ロトカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・ロトカ(Alfred J. Lotka, 1880年3月2日 - 1949年12月5日) は、アメリカ統計学者人口統計学の研究で知られる。

経歴[編集]

アルフレッド・ロトカはアメリカ人の両親のもとに当時のオーストリア帝国のレムベルク(現在はウクライナリヴィウ)に生まれた。少年時代をフランスで過ごした後、教育を受けるためにイングランドにおもむき、1901年バーミンガム大学から物理学化学学士号を取得した。その後、1901年から1902年まで、ライプツィヒ大学に学んだ。当時のライプツィヒ大学はオストワルト(F.W.Ostwald)が物理化学研究所を指導しており、熱力学的原理で物理学、化学、生物学を統一しようとするエネルギー一元論を主張していた。ライプツィヒにおける経験は、ロトカに生物集団の進化とその発展の一般理論への生涯にわたる関心を与えたといわれる。

1902年に渡米したロトカは、ジェネラル・ケミカル(General Chemical Co.) に入社して1908年まで勤務した。その間、 1907年に年齢構造をもつ人口の性質に関する最初の論文が出版された。1908年から1909年にかけて、コーネル大学の大学院生兼物理学助手となり、1909年にコーネル大学から博士号を取得、その時期の考察は安定人口論の成立を告げる記念碑的なシャープとの共著論文「年齢分布における 1 つの問題」(A Problem in Age-Distribution) として1911年に現れた。1909年から1911年まで、合衆国特許庁、標準局に勤務し、1911年から1914年まではサイエンティフィック・アメリカン・サプリメント(Scientific American Supplement) の編集者として働いた。その間、それまでの業績によって 1912年にバーミンガム大学から博士号を取得した。1914年から1919年までふたたびジェネラル・ケミカルに勤務した。

ロトカの業績は長らく注目されることが無かったが、 1920年に至ってパールに見出され、ジョンズ・ホプキンス大学でフェローシップを得てフルタイムの研究生活を再開し、そこに1924年までとどまって、数理生物学の金字塔となった『物理的生物学の原理』を完成させた。また1923年にはマラリアの伝染病モデルに関する研究を公表している。

その後、1924年にロトカはメトロポリタン生命保険会社に入り1947年に退職するまでその統計部門に勤務した。彼の人口学的研究の多くはこの時期におこなわれている。彼の人口学における主著である『生物集団の解析的理論』(Theorie Analytique des Associations Biologiques) は1939年パリフランス語で出版された。また1938年から1939年までアメリカ人口学会の会長を務め、1942年にはアメリカ統計学会の会長となった。1948年から1949年まで国際人口学会(Internationaol Union for the Scientific Study of Population; IUSSP)の副会長であり、かつ同会の合衆国支部の議長であった。晩年のロトカは『生物集団の解析的理論』の英語版を準備していたが、1949年12月5日にニュージャージー州レッドバンクの自宅で亡くなり、その作業は中断してしまった。

ロトカの主著の 1 つ『物理的生物学の原理』の影響はきわめて広範であり、今日の数理生物学理論生物学の成立を促したばかりでなく、それが示している物質系と生命系を貫く数学的な統一原理の把握という着想は、社会科学やシステム科学などにも大きな思想的影響を与えてきている。一方、彼の後半生を特徴付ける人口学的研究の集成となった『生物集団の解析的理論』は、戦時下のパリでフランス語で出版されたためか、人口学会以外ではほとんど注目されずに終わった。しかし人口学が彼の生涯の研究を貫く中心的関心事であったことは間違いないであろう。

関連項目[編集]