アルフレッド・ロッコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・ロッコ
Alfredo Rocco

任期 1924年3月24日1925年1月5日

任期 1925年1月5日1932年7月20日

出生 1875年9月9日
イタリア王国の旗 イタリア王国
カンパニア州ナポリ県ナポリ
死去 1935年8月28日
ラツィオ州ローマ県ローマ
政党 ファシスト党の旗 ファシスト党

アルフレッド・ロッコ(Alfredo Rocco、1875年9月9日 - 1935年8月28日)は、イタリア政治家法学者

概要[編集]

アルフレッド・ロッコは1875年9月9日にナポリで生まれた。

1899年から1902年までウルビーノ大学、1902年から1905年までマチェラータ大学で商法の教授となり、更にパルマ民事訴訟法パドヴァで商法、後にローマの "La Sapienza" 大学で経済立法の教授となり、1932年から1935年は総長となった。

ロッコは経済学に強い政治家として、コーポラティズムの経済的および政治的な理論の初期の概念を開発し[1]、それは後にファシスト党イデオロギーの一部に採用された。ロッコは彼の政治的な経歴を、イタリア急進党のマルクス主義者として始めたが、遂には政党イタリア・ナショナリスト協会(ANI)の「プロレタリアンナショナリズム」に転じ、そこで大きな影響を与えた。

ロッコは、イタリアの物質的および経済的な力の弱点は、フランスドイツイギリスなどのヨーロッパの「金権国家」に対するイタリアの依存に責任があると批評した[2]。ロッコはまた、イタリアにおける堂々とした外国の文化や、行き過ぎた個人主義を理由にヨーロッパ列強を批判した[3]。彼はファシスト党に参加したが、ANIは後にファシスト党に合流した[4]

1921年には元老院に選出され、1924年には元老院議長、1925年から1932年には法務大臣となり、刑事の法典化を推進し、Vincenzo Manzini の助けも受けて 1930年には刑法典刑事訴訟法に署名し、その体系の伝統主義者と実証主義者の潮流を和解させ、「ダブルトラック」(複線)と呼ばれた。

ロッコは1935年8月28日にローマで没した。

参照[編集]

  1. ^ Payne, Stanley G. 1996. A History of Fascism, 1914-1945. Routledge. Pp. 64
  2. ^ Gregor, James A. 2005. Mussolini's Intellectuals: Fascist Social and Political Thought.Princeton: Princeton University Press. p42
  3. ^ Gregor. p42-43
  4. ^ Chilton, Stephen (2005年4月22日). “Notes on Ball & Dagger reader; Alfredo Rocco (1925 [trans. 1926)"The Political Theory of Fascism"] (Web)”. Selections from The Political Doctrine of Fascism. The University of Minnesota. 2007年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]