アルフレッド・ブライアン (風刺画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・ブライアン(Alfred Bryan、本名:チャールズ・グリノー、Charles Grineau、1852年1899年[1])は、人気が高かったイングランドの風刺画家、イラストレーターで、特にロンドンを拠点に発行されていた週刊劇評誌『Entr'acte』(アントラクテ、「幕間」の意)に数多くのイラストレーションを発表したことで知られている。

ブライアンの最初の職業的な素描は、『The Hornsey Hornet』誌に掲載された。ブライアンは、また『The London Figaro』紙にも寄稿していた[2]。ブライアンはその活動期間中のほとんどの間、『Illustrated Sporting and Dramatic News』のために働いていたが、他方では『Judy』誌などの定期刊行物にも作品を発表していた。当時の芸術批評家ウォルター・シッカート(Walter Sickert)は、ブライアンを「完璧な、鍛えられたデッサン技術の持ち主」と評し、そのイラストレーションを「確固たる線を引かれており、完璧な様式、洗練、ウィット」が備わっていると賞賛した[3]

ブライアンの息子、チャールズ・ウィリアム・グリノー(1883年 - 1957年)は、ブライアン・ド・グリノー(Bryan de Grineau)、ジョン・ブライアン(John Bryan)といった変名で制作した、自動車を描いた油絵で知られている[1]

ギャラリー[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Bryan de Grineau”. Motoring Art. 2012年2月11日閲覧。
  2. ^ Forbes, Frank (1898). “A Chat with Alfred Bryan”. The Temple Magazine. 
  3. ^ Sickert, Walter (2003). The Complete Writings on Art. Oxford University Press. 

外部リンク[編集]