アルフレッド・ジマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・ジマーン(Sir Alfred Eckhard Zimmern, 1879年 - 1957年)は、イギリス歴史学者政治学者

サリー州サービトン(現在はキングストン・アポン・テムズ王立特別区の一区域)生まれ。ウィンチェスター・カレッジで学び、ベルリン大学留学中はウルリヒ・フォン・ヴィラモーヴィッツ=メレンドルフに師事した。

オックスフォード大学ニュー・カレッジで古代史を講じた後、1912年から1919年まで教育省や外務省で実務に携わった。第一次世界大戦後、ウェールズ大学に新設された国際関係論講座の教授に就任。その後、コーネル大学(1922年 - 1923年)、オックスフォード大学(1930年 - 1944年)で教鞭をとった。アメリカ・コネチカット州ハートフォードにて没。

著作[編集]

  • The Greek commonwealth: politics and economics in fifth-century Athens, Clarendon Press, 1911.
  • The economic weapon in war against Germany, George Allen & Unwin, 1918.
  • Nationality & government with other war-time essays, Chatto, 1918.
  • Europe in convalescence, Mills & Boon, 1922.
  • Education and international goodwill, Oxford University Press, 1924.
  • The British commonwealth in the post-war world, Oxford University Press, 1926.
  • The third British Empire: being a course of lectures delivered at Columbia University, New York, Oxford University Press, 1926.
  • Learning and leadership: a study of the needs and possibilities of international intellectual co-operation, Oxford University Press, 1928.
  • Solon & Croesus: and other Greek essays, Oxford University Press, 1928.
  • The prospects of democracy and other essays, Chatto & Windus, 1929.
  • The study of international relations: an inaugural lecture. delivered before the University of Oxford on 20 February 1931, Clarendon Press, 1931.
  • Quo vadimus?: a public lecture delivered on 5 February 1934, Oxford University Press, 1934.
  • Spiritual values and world affairs, Clarendon Press, 1939.
  • The League of Nations and the rule of law, 1918-1935, Macmillan, 1939.
  • Modern political doctrines, edited by Alfred Zimmern, Oxford University Press, 1939.
  • From the British Empire to the British Commonwealth, Longmans, 1946.
  • The American road to world peace, Dutton, 1953.