アルフレッド・シュミット (天文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・シュミット(Alfred Schmitt、1907年 - 1973年)はフランスの天文学者。

1930年代から1940年代はアルジェ天文台で活動し、1950年代はベルギー、ウックルのベルギー王立天文台で活動した。発見した小惑星4個のうち、アルジェ天文台活躍当時の同僚ルイ・ボワイエによって発見された小惑星 (1617) アルシュミット (Alschmitt) はシュミットにちなんで命名された。

アルジェ天文台活躍当時の同僚にして結婚の相手となったオデット・バンシロンも小惑星を発見し、 (1713) バンシロンに命名されている。