アルフレッド・シュミット (天文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルフレッド・シュミット(Alfred Schmitt、1907年 - 1973年)はフランスの天文学者。

1930年代から1940年代はアルジェ天文台で活動し、1950年代はベルギー、ウックルのベルギー王立天文台で活動した。4個の小惑星を発見した。アルジェ天文台時代の同僚ルイ・ボワイエによって発見された小惑星(1617)アルシュミット(Alschmitt)はシュミットに因んで命名された。

アルジェ天文台の同僚オデット・バンシロンと結婚した。バンシロンも小惑星を発見し、 (1713) バンシロンに命名されている。