アルフレッド・エドワード・リングウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・エドワード・”テッド”・リングウッド
人物情報
生誕 1930年4月19日
オーストラリアの旗 オーストラリア ビクトリア州
死没 1993年11月12日(満63歳没)
出身校 メルボルン大学
学問
研究分野 地球物理学地球化学
研究機関 オーストラリア国立大学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1988年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アルフレッド・エドワード・”テッド”・リングウッド(Alfred Edward "Ted" Ringwood, 1930年4月19日 - 1993年11月12日)はオーストラリア地球科学者である。地球外核マントルでの鉱物の挙動を調べるために、高温高圧のもとでの実験を行ったことで知られる。

ヴィクトリア州Kew で生まれた。メルボルン大学で学び、1963年からオーストラリア国立大学地球物理学教授、1967年から地球化学の教授を務めた。1978年からオーストラリア国立大学地球化学研究所の所長を務めた。

地質学、地球化学の分野で地球内部の高圧の環境下での鉱物の反応や変化、地球の惑星隕石の化学的な進化マグマの起源、の組成や起源の研究を行ない、軽元素のが地球の外核に含まれるメカニズムなどを研究した。

1978年には、放射性廃棄物の安全な貯蔵のための手段として、シンロック固体化体 (Synroc) の提案を行った。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]