アルフォンソ天文表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ天文表

アルフォンソ天文表西:Tablas alfonsíes)は、13世紀にカスティーリャアルフォンソ10世が作らせた惑星の位置の表である。それまで用いられていた、11世紀にアッ=ザルカーリーらによって作られたトレド天文表を改良したものである。

1年の長さの平均値を365日5時間49分16秒(実際には5時間48分46秒)とした。1252年頃に着手、1270年頃に完成した。はじめスペイン語で出版され、後にラテン語に翻訳された。16世紀にコペルニクスの『天球の回転について』に基づくエラスムス・ラインホルトの天体運行表『プロイセン表』(Prutenicae Tabulae)が作られるまで、ヨーロッパで最も一般的な天体運行表であった。ゲオルク・プールバッハの『惑星の新理論』(Theoricae novae planetarum)の中で用いられている。