アルフォンソ・オイッテロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフォンソ・オイッテロン
Alfonso Rebochong Oiterong
Alfonso Oiterong.jpg

任期 1985年7月2日1985年10月25日

出生 1924年10月9日(89歳)

アルフォンソ・オイッテロンAlfonso Rebochong Oiterong1924年10月9日 - )はパラオ共和国政治家1985年7月2日から1985年10月25日までパラオ共和国第2代大統領を務めた。

来歴[編集]

日本統治時代では、公学校を卒業後、選抜されて内地留学を果たした。帰島後はパラオ人唯一の木工徒弟養成所教官となった。

終戦後は、ハワイ大学及びグアム大学教育学を専攻した。その後、太平洋諸島信託統治領政府の公務員となり、主に教育行政を司る教育局に勤めた。その後、パラオ憲法制定委員会の委員となって政界入りした。

政府樹立後は副大統領となった。ハルオ・レメリクの暗殺後に大統領となった。しかしその年に行われた大統領選挙ではラザルス・サリーに及ばず、大統領職を譲ることになった。


参考文献[編集]

  • 太平洋学会編『太平洋諸島百科事典』原書房、1989年
  • 須藤健一監修『パラオ共和国 過去と現在そして21世紀へ』おりじん書房、2003年
公職
先代:
トーマス・レメンゲサウ・Sr
パラオの旗 パラオ共和国大統領
第2代:1985
次代:
ラザルス・サリー
先代:
(建国)
パラオの旗 パラオ共和国副大統領
1981 - 1985
次代:
トーマス・レメンゲサウ・Sr